Skip to content
Wedding Lead Official Blog

結婚の理想と現実!「好きだから」ってほんとうなのかな?

Wedding leadの婚活カウンセラー
杉浦由実です

「好き」と「理想」の狭間で悩む

若い時は、好きなだけで付き合えたけど
婚活してるとゴールは「結婚」

やっぱり、理想を考える

そんな「理想と現実」について書いてみたいと思います

 

好きということ

「好き」という気もちはどこから
やってくるのだろう

たぶん、この気持ちには
自分の意思とは関係ないところで
動く心の機微な部分の揺らぎなのかと思う

だから、自分の意思では操作が不可能

で、苦しくなるような
そんな気持ちを共有する

「切ない」なんて言葉を使うときもある

ただ、その「好き」
ほんとに「好き」なのか?

愛してる

「愛してる」も同じで

好きから愛へ変われば
結婚ってことになるのかなと

ただ、これもどこまで
自分の気持ちをわかることができるのか?

なかなか、難しいのではないかと思う

好きとか愛してるがほんとうか?

好きとか愛してるが、ほんとに自分で判断できているのか?
もう、これは感情なので
自分にしかわからない

いや、もしかしたら
自分が一番、わからないのかもしれない

他人から
結婚相談所では婚活カウンセラーが
状況をみながら、
「いや、それは感情がない」なんて

または

「それは、お相手はかなり気持ち入ってきてますね」って

そうそう、意外に第三者のほうが
冷静で、しっかりと二人の関係を
見極めることができるのかもしれない

だから、感情に揺さぶられて
上手く恋愛できないと思ってる人は
他人の意見を聞いてみるのは効果的なのでは

恋愛がいつも上手くいかないと
思ってる人

実は自分が思っているほど
相手を好きになっていないのかも

そして理想があるから

「ぜんぜん理想とは違ったけれど好きになった」って
これも、よく聞く言葉

でも、理想も大事だ

理想は、今の自分から一歩成長して
未来における目指す自分の姿

理想の結婚相手は
好きである以上に、未来における目指す自分と共に
生きてくれる人

その理想が叶えられないと思われる人を
好きだからと言って結婚していいのか?

理想と現実と

そして、この2つの間で揺れる

まあ、まず「好き」がほんとうか?

そこに打算はないか?

もう、婚活したくないから
好きになってないか?

「理想」
自分の理想を思い出す

その理想に自分は向かっているか?

向かっているのなら

きっと好きな人は、一緒に向かってくれる

でも、その人と出逢って
おつきあいして「好き」なのに
そっちに向かってないとしたら…

もうあとは個人的問題となるけど

今日も最後までお読み頂きまして
ありがとうござます